新TeX

 塾生に出す宿題や小テストの問題。英語はパソコンでちょいちょいと作って渡すことができます。6年生などほぼすべての教材をエクセルで作っています。が、数学となると少し話が変わってきます。

 数学の問題もエクセルで作れないことはないのですが、見た目がいまいちなのです。特に中学の文字式などは「エックス」なのか「かける」なのか判別が難しい。もちろん数式処理もできますが、細かいところまで思ったような出来栄えにするのはなかなか大変です。ということで20年くらい前からTeXを使っています。これは教科書や問題集に載っているのと同じような文字や式が作れるソフトで日本どころか世界中で使われています。したがって解説が英語で書いてあったりして解説の解説を日本語で読む必要があったりします。

 パソコンが4~5年でダメになるため、パソコンを交換するたびに中のソフトも新しくしなければなりません。TeXはだんだんバージョンアップしているのか、パソコンを変えたら今までのが使えなくなりました。しょうがないので激重の前のパソコンで作ることもしばしばでしたが、色々調べてTeXの最新版(TeX Live)を見つけて取り入れることにしました。

 解説によるとインストールには長時間かかります(1時間~2時間)と書いてありました。まあこれくらいならいいかと思って始めたのですが、4700くらいファイルがあって全部終了するまでに5時間もかかりました。

 実際に動かしてみると以前のとは見た目も若干変わっていました。肝心なのは昔のファイルが使えるのかということですが、試してみた感じでは昔のも使えそうです。ただ \vfill というコマンドがちょっとイメージ通りにならなくて、今後試行錯誤になると思います。数学の場合は手書きのほうがはるかに楽ですが、結構こだわって作っています。

中間テスト総括

 もう期末テストの範囲も出ましたので中間テストについて簡単にまとめておきたいと思います。中1と中3は塾生の平均が学年平均と比べて5教科で約50点上回っていました。中2は約40点上回っており、どの学年もまずまず頑張ったのではないかと思います。

 教科別では中3の数学と社会、中2の数学と理科、中1の英語と社会と理科に関しては、塾生の平均が学年平均より10点以上上回っておりいつものことですが理科と社会で特に結果が出ているようです。

 満点は2人、90点以上はのべ32人でした。塾生は全員戸塚中で1学年10人ちょいの小規模な塾としてはまずまずではないかと思います。

中2テスト範囲

 今日は土曜日で中2の授業がありました。他の学年同様にテスト範囲を見せてもらいました。普段の授業の進み具合からだいたいの予想はできますが、改めて確認します。

 英語はよく分からないラウンド3で文法が出るそうです。ということで来週あたり文法を細かく説明したいと思います。ところでラウンドシステムの成果は出ているのでしょうか。うちの塾にも多くの教材会社の方が見えられます。いろいろな塾の声を聞いている方からの話なので信憑性は高いと思いますが、今の英語の教科書が使いづらいと思っているのは私だけではないようです。ほとんどの塾の先生が今の英語の教科書は非常に使いづらい、構成がめちゃくちゃだと考えているようです。

 単語や文法が難しくなるのは時代の流れからある程度は想定できます。が、この教科書では文法を習わせる気が全くないという作りになっています。そのわりに学校に卸す副教材だけは品揃えばっちりで、わざと分かりにくい教科書にして副教材を買ってください、ということでしょうか。といらぬことまで考えてしまいます。私はこのブログで3年前から言い続けていますが、今の教科書が英語の力をつけるのにはほとんど役に立っていないという気持ちは今も変わりません。

 川口の英語の教科書はずっと東京書籍のNew Horizonでした。それが前回の改訂から光村の Here we go に変わりました。その際に熊谷でやっているラウンドシステムを導入して英語の力を飛躍的に上げるというのが教育委員会の見解だったのですが。これで川口市の英語の力が劇的に上がっているのかというと、県で行われている学力検査の結果を見る限り劇的に上がるどころか逆に下がっているのではないかと思えるほどです。川口市の広報にもwriting(書き)には課題が残されたと書いてあります。

 ところが検索していろいろ調べたところ全国のあっちこっちの塾の先生が中学英語の教科書に批判的です。このすべてが川口市と同じ教科書のわけがないので、おそらくどの教科書でも同じような事態になっているのでしょうか。つまり今の英語の教科書が会社に関係なく使いづらくなっているということになります。そのあたり気になるので来年の改訂の際には他の教科書も見てみたいと思います。

 と愚痴はこの辺にして、数学の範囲は連立方程式の計算がメインで文章題は少しだけ。これだと範囲が狭すぎるので中間の範囲からも出題されそうです。私の予想では文章題全部が範囲になると思っていましたが、予想より狭くなりました。おそらく学総などで授業がストップすることを考慮されているのだと思います。ということでひたすら計算練習です。中2の1学期期末の際には毎年塾生に話していることがあります。とにかく早く正確に解けるようにと。毎回時間切れで終わる生徒が多いのです。時間をかければ解ける、ではダメです。それではテストの時間内に終わりきれません。おそらく連立方程式の計算だけで10問以上出るはずですから、これに1問3分も4分もかけていては他の問題に手が回りません。

これは今日渡したプリントです。TeXで作った20問。塾生には1問1分を目標にと話しています。これは平均なので前半の簡単なのは30秒くらいで、分数とか(   )つきの難しいのは2~3分かかったとしても平均で1問1分が目標です。ちなみに私も解きましたが1問平均20秒で解けました。最初の方の問題は1問5秒です。

 後半は文章題です。文章題と言っても一番基本的な買い物の問題。

理科は細胞の前半まで。これまた予想より少なめの範囲でした。範囲が狭すぎて100点分作れるのか心配になります。つまり中間の内容ももう一度しっかり復習をしておく必要があります。それは社会にもいえます。前回に追加される内容は九州地方だけ。これで100点分も作れるわけがないので、こちらも中間テストの内容が半分くらい出るのではないかと思います。テストは一度終わったらもう忘れていいわけではありません。今習っている内容はいずれ北辰や入試にも出題されます。復習は常に必要であるということを頭に入れておいて欲しいと思います。

中1テスト範囲

 今日は金曜日で小5と中1の授業がありました。5年生はいつものようにまず国語の宿題の答え合わせから。今日は語句の問題でした。そのあと算数の宿題チェックをしてから小テストを行いました。3人ともまずまずできていました。

 夜は中1の授業です。テスト範囲が出たようで見せてもらいました。普段から学校の授業の進度を聞いているためだいたいの予想はできています。数学は文字式の前半までですが、どうも範囲に矛盾があるようです。生徒は細かいところまでチェックしていないと思いますが、教科書の範囲とワークの範囲に齟齬が見られます。おそらく後ほど訂正があるでしょう。それに合わせて塾でも対策していきたいと思います。

 理科と社会の範囲もすでに塾では学習済みです。範囲が出たのでこれ以上先に進まないでテストの勉強を行います。このあたりは戸塚中限定にしているからできることです。複数の中学の生徒が在籍していると日程も範囲もバラバラですからね。

 今回はテスト前に学総があり学校の授業もストップするため総じて範囲が狭めです。範囲が狭いからラッキー! と言う発想は持たないように塾生には話しています。知らない人も多いようですが、定期テストにおいては逆に範囲が広い方が取り組みやすいのです。

 範囲が広くても狭くても問題数はほぼ同じで100点満点です。範囲が狭いときは何とか100点分の問題を作るために細かいところ、難しいところ、教科書のどこに載っているか分からないような問題も出てくる可能性があります。逆に範囲が広いときは、あまり細かいものを出していると100点では足りません。重要な部分だけで100点近くになります。

 と言うことで今回は全教科範囲が狭いということは、細かいところまで注意して教科書を読むなりワークに取り組むなりの準備が必要になります。

中3テスト範囲

 今日は木曜日で中3の授業がありました。早いもので今日で期末テスト2週間前。早速テスト範囲も配られたようなので見せてもらいました。

 数学は平方根全体になっています。来週は学総もあり授業がストップすることもあります。今の進度を考えたらひょっとしたら数学の範囲は狭くなる可能性があります。そのあたり考慮しながら塾でも学習していきます。もちろん範囲がそのまま変わらなかったとしても対応できるように教えていきます。

 理科は前回の続きですが仕事とエネルギーが中心。その次の生物まで入るかもと思っていましたが、こちらは予想より狭い範囲となりました。そのぶん2学期の中間の範囲がかなり広くなることは頭に置いておく必要があります。

 社会は終戦まで。第一次世界大戦からなので前回と若干かぶります。戦後の内容は2学期の中間になるのでしょうか。2学期は公民を進める必要があるのでこちらも2学期はかなりの量になりそうです。

 この学年にとってはもう12回目の定期テストです。1年生ではないので、私がごちゃごちゃ言わなくてもどういうペースで勉強すればいいのかもう自分で分かるはずです。逆に分からないようでは困ります。

 三者面談でも話をしたとおり3年生の内申は1学期と2学期の2回で決まります。1学期に5をとればかなりの確率で3年生の内申も5になります。もちろんすべての人に当てはまるわけですから、自分だけは低いという自体にならないようにして欲しいと思います。そのためには定期テストでいい結果を残すことは最低条件です。去年の中3でも内申45が2人に44が1人いました。40以上の生徒は他にも。10数名の塾生でこれは驚異的です。

 うちの塾は在籍期間が長い生徒が多いため内申に関してもわりと苦労しないという生徒が多い傾向にあります。ただし内申に関して塾でできることは定期テストくらいです。普段の授業態度とか提出物まではタッチできません。5が多い生徒はそのあたりもきちんとできているようで感心します。

八ツ橋完食!

今日は火曜日で6年生と中1の授業がありました。6年生は今日から英語に入ります。学校での英語はほとんど書くことをしないというのは今も変わらないようなので、塾ではとにかく書きまくります。

 板書で書いて、問題練習のプリントで書いて、宿題で書いて、課題で書いて、小テストで書きます。読めればいいというものではありません。今の高校入試が筆記中心である以上塾でも書いて覚えてもらいます。したがって塾から渡している宿題や課題をきちんとこなせないようでしたら、中学の英語はかなり難しく感じるようになるかもしれません。

 今日の英語は最初ということで、I am の文章です。 SVC(という言葉は使いませんが)Cにあたる単語によっていろいろな文章のパターンを練習しました。単語が分からないと文章は書けません。よってよく使う単語を240個リストアップして予め渡してあります。小学生の英語はとにかく私の手作り教材です。暗記用の単語プリントも宿題プリントも課題プリントも小テストもすべて私の手作りです。さすがに私の雑な丸文字では読みにくいでしょうからパソコンで作って渡しています。

 休み時間に中3がお土産で買ってきてくれた八ッ橋をいただきました。

写真はいただいたお土産の一部ですが、中3の皆さんが買ってきてくれる八ッ橋を塾生でいただくというのが毎年の伝統になっています。今年は小学生が少ないので結構余りました。曜日の関係で2回チャンスがあった学年も。

6年生は英語の文法を開始しました。3月をめどにゆっくり丁寧に教えていきます。小学生のうちに英語を学習しておきたいという方がいらっしゃったら、まだまだ受付中です。

高校案内

注文していた高校受験案内が届きました。

 数ある受験案内の中でも質・量・見やすさともに一番良さそうな本を毎年注文して塾生の皆さんにプレゼントしています。書店にも同じような本で表紙がもっとカラフルなものがありますが、中身は同じです。

 さて大部分は見れば分かる作りになっていますが、毎年渡すときに一つだけ注意していることがあります。それは偏差値の見かたです。意外と知らない人が多いのですが、偏差値というのは絶対数値ではありません。あくまでもその模試を受けた中での相対評価を数値化したものです。要は模試の種類によって偏差値は上がりもするし下がりもするのです。偏差値を使った数字のトリックもたくさんあり、よく偏差値30から50も上がったとかいう記事を見ますが、ああいうのはだいたい数字のトリックを使ったものであるということは分かる人には分かります。

 ということで、埼玉県の公立高校入試を受ける人で最も信頼できる偏差値は北辰の偏差値です。これは誰がなんと言おうと確実です。偏差値の信頼度は母集団の多さと、対象とする進路に比例します。北辰テストの受検者数は他の模試を圧倒していますし、公立を受ける人のほとんどが受ける模試です。1~2年のときに受けた模試も意識付けには重要ですが、その偏差値で進路を決めていいのかというと答えはNoです。

 今回渡した受験案内は北辰とは無関係です。よって中に書いてある偏差値も北辰偏差値とはちがいます。そこで本に書いてある偏差値と北辰偏差値のちがいを具体的に数値を使って説明しました。ネットに載っている偏差値を真に受ける人もいますが、すべてとは言いませんがかなり適当な数値です。これは前にも書いたと思います。

 某有名家庭教師サイトによると、川口北(普通)の偏差値は66だそうです。北辰から見たら随分高い数字ですが、偏差値は模試によって違うのでおそらくこの家庭教師サイトではそう判断したのでしょう。ですが、最近川口北に追いついたと言われる川口市立(普通)の偏差値はなんと50と書いてあります。これ4~5年前からまったく変わっていません。4~5年前でもこの数字はありえないし、今でもありえません。

 このようにネットの数字というのはあてにならない部分があるということです。塾生の皆さんには正しい情報を元に高校選びをして欲しいと思います。塾から渡した受験案内も参考にしてください。

中間テスト返却3

 今日は水曜日で中2の授業がありました。テスト返却が始まって三日目ということで全員返却が終わっているようです。学年平均が分からないので何とも言えませんが、塾生平均でいちばんよかったのはまさかの数学です。そういえば1年のときもこの学年の塾生は安定の理科・社会と同じくらい数学もできていました。

 なぜまさかと書いているのかというと、この学年は6年生の時の算数のできがお世辞にも良くなかった印象が残っているからです。もちろんその分塾では何度も問題演習を行いました。今回のテスト前にしても毎回時間を取って計算テストを行っていました。そのおかげなのか塾生の平均もまずまずの結果となっています。

 塾生平均で数学の次によかったのは理科でした。今回の範囲は1年の地層と2年の化学変化です。化学反応式もたくさん出されていて難しそうでしたが、塾でも何度も練習していたので何とか解けた生徒が多かったようです。

これはテスト数日前の授業で書いたものです。雑で申し訳ないですが、必死に説明した跡がうかがえます。

今回の塾内トップは、
 国語 Mくん Tくん 
 数学 Mくん 
 英語 Kさん
 社会 Tさん
 理科 Tくん

国語と数学のMくんは同一人物ですが、あとはすべて別の生徒です。これは結構珍しいです。うちのような小規模な塾の場合、特定の生徒がどの教科でもトップということが多いのですが、教科ごとに塾内トップが違うという事態になりました。それぞれ得意教科があることが分かる大変興味深い結果となりました。ちなみに5教科トップは453点でした。

 さて塾の方は中間の結果はさらっと触れただけで、すでに期末に向けての勉強を始めています。今日は地理と数学を行いました。地理は九州地方です。

 以前の戸塚中は並行型といって歴史と地理をある程度の単元まで進んだらキリのいいところで地理から歴史、歴史から地理と交代交代で進めていましたが、最近は地理は地理で1学年分全部終わらせてから、歴史に移っています。このあたりの進め方は学校によって違うようです。つまり近隣の中学で進め方が違うから塾では対応が難しいのです。戸塚中限定のうちの塾では問題なく対応できるので中1から塾で社会を学習できます。

 続いて数学です。中間で第1章が終わっているため期末の範囲は連立方程式がメインとなります。やる前からどのあたりで躓くのかは分かっています。よって中間の計算練習同様、今後も連立方程式を解く練習は何度も繰り返したいと思います。途中式の書き方なども細かく指示をします。数学が苦手な生徒によく見られるのは、自己流で解いてしまう点です。そのあたりをチェックしていきたいと思います。

中間テスト返却2

 今日は中学1年生の授業がありました。昨日の中3に続き早速テストの得点を記入してもらいます。中1にとって初の中間テスト、はたしてどうだったのでしょうか。

 前回の授業の時、若干解説をしたのである程度の難易度は把握していました。例年に比べて数学は範囲が広く、他の教科は例年通りの範囲だったでしょうか。

 今日は体調不良で欠席が数名いたため全員揃ったわけではありませんが、現時点での塾生平均は英語が一番高く88点。英語は昨年はほぼリスニングと記号問題で、アルファベットと名前くらいしか書く問題はなかったのですが、今年は単語も英文もあり結構なボリュームでした。にも関わらず現時点での塾生平均が90点近いということはかなり頑張ったと言えるでしょう。

 続いてよかったのは安定の社会です。このブログでは何度も紹介している通り、うちの塾生の伝統として社会と理科は得点源となっています。それは今年の中1(25期生)にも受け継がれることになるのでしょうか。まだ1回目のテストですが、その素質は十分ありそうです。

 続きまして理科で、今のところここまでが塾生の平均点として80点を超えています。このあとの結果次第でどうなるか分かりませんが、私の感想としてはまずまずの結果だったと思います。残りの教科の結果も期待して待つことにしましょう。

 中間テストは終わったばかりですが一ヶ月後には期末テストです。塾では中間テストはすでに終わったこと。今日も3時間、期末に向けての学習を進めていきました。去年も最初の中間テストが終わってから入塾した生徒が結構います。その生徒たちも塾での勉強になじんで今2年生として頑張っています。ひょっとしたら今年もテストの結果を見て新しく塾で勉強したいという生徒が見えるかも知れません。やる気がある皆さんなら大歓迎です。

中間テスト返却1

 今日は月曜日で中3の授業の日です。中3は中間テストが終わってから初の授業。今日からテストの返却も始まっていると思うので早速もらった分の得点を記入してもらいました。

 もう3年生ですので一喜一憂も見られなくなりましたが、得点を見た感じではまずまず順調な生徒が多いようです。今日は返却初日ということでまだ枚数は少なめで、国語は一人だけ、英語も5名ほどです。

 社会はほぼ返却が終わっており現在塾生の平均点は5教科の中では一番です。いつも通りの傾向が今年も続いています。ちょっと見てみたら現在返却された塾生のうち半数が90点以上でした。これはレベルが高すぎます。このあとは英語、理科と続きます。ちなみに社会と英語でははやくも満点が出ました! お見事です! 別々の生徒ですが学校のクラスは同じはず。

 クラスと言えば今年は珍しいことが起こり、3年の某クラスではなんとうちの塾生が7名も在籍することになりました。おそらく学校の先生は誰がどの塾に通っているという情報までは持ち合わせていないと思いますが、これはものすごい偶然でしょうか。このクラスのクラス平均は必然的に高くなりそうです。