テスト勉強

 5月23日と24日は今年度最初の中間テストです。当塾では中学を限定しているためテストといえば自動的に戸塚中のことを指します。中1にとっては初めての中間テストですが小学生の時から中学の話を何度もしていたので、そう焦ることはないでしょう。範囲も狭いので、それほど難しくはありませんが小学校のカラーテストとちがい平均が90点などということはありません。最初は高くてもいずれ平均は60点くらいになります。

 中2・中3の皆さんにとっては前学年からの続きです。つまり3月の内容もふくまれます。前学年のテキストなどもうどこにあるのか分からない、という人もいるかもしれません。うちの塾ではそれを心配して前の学年時のテキストも預かっています。おかげで塾内はテキストの置き場もないくらい散らかっています。

 今年もテスト前は特別時間割を編成しています。昨日、今日と学校が休みでしたので昼過ぎから夜まで中1~中3入れかわり立ちかわりでテスト対策を行いました。生徒は入れかわりですが私(塾長)はずっといるので二日で20時間ほど見ていたことになります。とはいえこの間ずっとしゃべりっぱなしということはなく、テストが近づいてくると問題演習が中心となり難しい数学の計算とか理科の計算あたりは板書して説明しますが、あとはひたすら問題を解きまくります。普段から戸塚中に合わせて授業を行っているためテスト前だからといって1からやり直す必要はないのです。今回が初のテストとなる中1は金曜日から五日間連続で塾で勉強することになっています。 

 去年も一昨年も中1の1学期のテストが終わってから入塾希望する生徒が数名いました。小学校のテストで危機感はなかったけど中1のテストで現実を知ったからでしょうか。それでも中1からでしたらまだなんとかなります。正直中3まで放置していて塾で勉強しようとしても、大手塾のチラシにあるように、まだ間に合う! などと言えません。中3からでは遅いということを認識してほしいと思います。中3からでも間に合う人は、それまでしっかり家庭学習の習慣がある人です。そういう人でしたら中3から塾に入っても間に合うと思いますが、中3までまったく勉強していなくて、そこから塾に任せようとされてもなかなか難しいと思います。チラシで、中3の2学期でもまだ間に合う!と謳っている塾は何か特別な秘策があるのでしょうか。

 たしかに昭和とか平成初期でしたら中3からでも間に合ったかもしれません。なぜなら塾に通う生徒の数が少なかったからです。ところが現在は公立の場合中1でも約6割の生徒が塾に通っているといいます(中3で8割)。つまり中学生全体の学力レベルが以前と比べて上がっているので、その状態で放置しているとついていくのが難しいということです。

 塾は早いに越したことはありませんが、当然ですが塾は費用がかかります。そのあたりを考慮して当塾の費用は一般的な塾よりも抑えてあります。早い時期に塾に通って勉強する習慣をつけてほしいからです。

 

27期生スタート!

 今日から新小学5年生の授業がスタートしました。ちょくちょく数えていないと忘れてしまいますが、私の記憶が確かならこの5年生は当塾生としては27期生にあたります。こうして考えるとうちの塾もかなり長い間やっているのだなあと感心します。

 今年もチラシはいれていないので塾生の弟妹または知り合いの方からスタートとなります。いずれ口コミで広がってくれればいいのですが、まったく増えなかったらチラシも考えてみようと思います。

 曜日は金曜日。原則として小学生は2年間曜日は固定なのですが、今年の5年生はおそらく1年後、6年生になるときに火曜日に変わる可能性が非常に高いです。実は今年の曜日を早々と金曜日と決めてしまったために、他の習い事と重なって泣く泣く断念した方もいらしたようです。ということもあって来年の6年生は火曜日にする予定です。これをご覧の現5年生、来年6年生の方はご承知おきいただけると幸いです。大事なことなのでもう一度言いますと、今年の5年生は毎週金曜日(午後5時~6時40分) 来年6年生に変わるタイミングで曜日は火曜日になる予定です。

 今日は初日ということで皆さんおとなしめでした。現在のところ東小と綾瀬小です。5年生のうちは算数中心です。というか算数しかやりません。宿題で国語の文章問題を出します。文章問題と言っても長文ではなく、指示語とか接続語とか助詞とか文法に近い問題です。いずれ算数の小テストを実施しようと考えています。6年生になったら英語を始めます。

 現6年生も現在すでに単語テストを開始しており、まもなくしたら本格的な英語の授業を始めます。当塾の英語は99%文法です。単語の練習、文章の練習、とにかく書くことを重視します。英会話を習っている生徒でも書けない生徒は意外と多いため、うちの塾では書いて書いて書きまくります。

 ということで、小学5年生 小学6年生 ともに新規塾生 絶賛受付中です。

年間予定表

 2024年度の年間予定表を見せてもらいました。うちの塾は戸塚中限定のため学校の行事予定が分かっていれば、ある程度それに合わせた授業を行うことができます。

 まず気になるのはテストの日程です。例年通りに5月に1学期中間テストがあり以降もほぼ例年通りでした。修学旅行は去年より数日早くなっています。去年は大雨が直撃し1日目がほぼつぶれてしまったので今年は無事に行ければいいですね。

 例年と違う点で気づいたところは
・水上が夏休み中
・2学期開始が8月下旬
・体育祭が10月

 このあたりでしょうか。特に2番目は今までになかった日程です。とはいえ今までも同じ時期にサマースクールと言って3日ほど学校に行っていたのでそれと同じと言えば同じですね。ただ塾によっては夏期講習を午前中に実施するところも多いのでこの4日間は塾としても日程の組み方が難しいのではと思います。ちなみにうちの塾では中3の夏期講習は午後なので問題ないでしょう。夏休み中の学校は給食なしで午前中だけのようです。

 また戸塚中の体育祭は毎年9月の10日前後の土曜日と決まっており、10月実施は私の記憶にはありません。確かに9月は残暑も厳しく熱中症も多いので生徒の健康を考えたら10月の方がいいと思います。ただこちらも問題が一つ。例年早い部活は6月で引退なのですが、吹奏楽部だけは体育祭まで続けるというのが暗黙の了解になっています。はたして10月まで部活を続けるのかどうか気になるところです。

高校準備講座

 今日は高校準備講座最終日でした。うちの塾では毎年希望者が4名くらいいたら高校準備講座を実施しています。まったく宣伝はせずに内部生限定です。内容は数学Ⅰの導入部分で今年は14時間行いました。

 前半は中学の復習をかねて文字式の問題。おもに展開と因数分解ですが中学では扱わないような問題もたくさんでてきました。ここではたすき掛けは最重要項目です。高校入学前の課題で予習が出ている生徒もいるようで、この準備講座のおかげで結構すらすら解けていたようです。ちなみに今年参加したのは5名で、蕨高校・川口市立高校・春日部女子高校・越谷南高校・浦和東高校の生徒で全員普通科です。

 後半は不等式(一次・連立)、絶対値の問題、根号の問題(有理化・二重根号)に取り組みました。あとは対称式です。対称式の問題を解いているといかにも数学を解いているという気になります。いろいろな式があり全部暗記するのではなく自分で式を作り出す必要が出てきます。この対称式は文字式の問題に限らす三角関数でも登場します。ものすごく重要な内容です。

 準備講座用にテキストは取りましたが、ほとんど私が作った問題で授業を行いました。普段は中学生に授業を行っていますが、まだまだ高校生の数学は記憶にあります。塾生の皆さんも高校の数学で分からんところがあったら遠慮なく質問に来てください。料金とかはとらないので安心してください(笑)

明日から新年度開始!

 この前のタコパのあと4月1日~3日まで塾を年度替わりのお休みにしていました。もしこの期間中にお問い合わせの電話をされた方いらっしゃいましたらお手数ですが4日以降に再度お願いします。

 ということで明日から新学年での授業です。夕方は高校準備講座の6回目。連立不等式と時間があれば二重根号あたりの問題を説明したいと思います。過去5回で結構賢くなっているはずです。特に因数分解にかなりの時間をかけました。中学では考えたこともなかったような因数分解の問題(途中式でイコールが10個近くある)にも取り組みました。

 夜は新中3の授業です。うちの塾では中学生は学年で曜日を決めており、毎年月木は中3の授業があります。数学はすでに中3の内容に入っています。歴史も学年末の続きに入っており、3月中の英語は復習中心で授業を行っていました。

 ちなみにうちの塾では春期講習を行っていません。春休み中も通常の曜日で授業を行っています。それでもきちんと学習できます。実際今年卒業した元中3も春期講習などなくても勉強する習慣はついており通知表でオール5(45点満点)の生徒も複数いました。うちの塾が春期講習を行わない理由は保護者の皆様になるべく負担をかけないようにするためです。同じ理由で中1・中2は夏期講習も冬期講習も行いません。かといって授業を行わないわけではなく期間中も普通の月謝で普通の授業を行います。塾と言えば想定外の費用がかかることが多々あるようですが、うちの塾では通常の月謝以外は極力費用がかからないように心がけています。

 ということで明日から塾は新学年。23年目のスタートです。張り切っていきましょう!

タコパ

 今日は年度最終日で日曜日でしたが中学を卒業した22期生を対象にたこ焼きパーティーを行いました。本来は3月11日あたりの予定でしたが、学年で体調不良者が増えているとの情報をゲットし、塾でタコパをやってもし卒業式に影響したらかわいそうかなと思って急遽中止しました。

 ただやっぱりやりたいという生徒が多かったため再度希望者を募り今日実施することになりました。日程を決めたのが三日前だったので参加できない人もいましたが、多くの22期生が参加してくれました。数年前には何回か開催した記憶がありますが、コロナ騒動が起こってからは初めてのことです。ちなみに私の方から話を振るのではなくあくまでも塾生の方から希望が出たら私が話を進めるという感じにしています。塾では場所を提供するだけです。と言いつつも期間が短すぎて生徒たちだけではまとまるものもまとまらないので、結局は半分以上私が仕切ることになりました。こういうときにLINEは便利です。たこ焼きグループの出番です。

 私(塾)が用意したのは場所と、たこ焼き粉と水とジュースその他細かいもの。参加者の皆さんに用意したもらったのは一番大事なたこ焼き器(3個)あとはたこ焼きを作るのに必要な竹串とか延長コードとか油とかソースとかとにかく色々なものを事前に誰が持ってくるかを決めました。

慣れた人もいれば大雑把な人も。性格が出て面白いです。

 デコって画像に納める女子グループに、目分量でとにかく数多く作る男子グループ。

 午後4時半集合で予定では8時終了でしたが、結局終了したのは10時頃でした。卒業式以来で久々に会った友達もいたようで話が弾んだようです。そもそも普段塾で会うときはあくまでも勉強中心なので何時間もおしゃべりすることもないでしょう。皆さん楽しそうで何よりでした。

 日付が変われば4月で法律上は高校生になります。中学の時の楽しい思い出の一つに加えてもらえたのならよかったと思います。またいろいろな器具、食材、おかしなどを提供していただきました保護者の皆様にはこの場を借りて感謝申し上げます。ありがとうございました。皆さんの高校での活躍を祈念しております。

中1・中2も頑張る!

 1月2月はどうしても高校入試が中心となりましたが、中1・中2もしっかりと頑張っています。学年末テストが返却され、成績表も受け取ったようです。

 中1は社会で学年1位がでました! 前々からうちの塾生は理科と社会を得点源にしていると書いてきましたが、その伝統は脈々と受け継がれているようです。1位以外にも10位以内が数名います。この学年は勉強が得意でない生徒が結構多かったのですが1年たってコツをつかんだのか上昇気味の生徒が多くみられます。

 また中2はというと、学年全体で90点以上が最も少なったのは理科でグラフを見ると16人しかいないのですが、なんとうちの塾生が理科の学年2位・4位・5位となりました。つまり中2の理科学年5位以内のうち3名がうちの塾生というなかなかすばらしい結果です。ちなみに次に学年の90点以上が少ない教科は社会で全体で21名、このうちの4名がうちの塾生でした。うちの塾生は各学年10数名のこじんまりとした塾ですが成績面に関しては結構、いやかなり頑張っています。

 このように特定の学年に限らず毎年のように当塾の塾生は理科と社会で特に際立った成績を収めています。逆に言うと国語と英語が若干足を引っ張っている印象がありますが、北辰も入試も5教科の総合で決まります。国語英語を得意にしていればもはや鬼に金棒です。今年の中3でも内申45という生徒が2名いました。さすがにここまで頑張れとは言いませんが、1つでも得意教科があったほうが勉強にも身が入ると思います。

久しぶりに

 久しぶりにアレをやりました。アレといっても阪神とは関係ありません(すでに死語でしょうか)。 前にやったのは3年前か4年前か定かではありませんがコロナ禍で若干控えていました。今回は600本用意しました。

 ということで第3回うまい棒つかみ取り選手権を行いました。 5年生と6年生は今週、中学生は先週行いました。中3はギリギリ前回の時に5年生か6年生で参加した記憶がある生徒もいたようです。 

ホームページを若干更新しました

 年度替わりということで、ホームページを若干更新しました。

塾の費用(2024)
塾のご案内
合格実績
募集状況

 それぞれメニュー画面からご覧ください。費用に関しては昨年までと比べて若干変更しました。したがいまして昨年までの資料をご覧の方は新しい方で最後ご確認いただけましたら幸いです。塾のご案内は、当塾の概要を簡単にまとめました。もう23年目になりますので一言で言い表すのは難しいのですが、23年間続いているということでそれなりに信用できる塾ではないかと自画自賛しておきます。

 合格実績は今年度の合格校、並びに近6年、塾創立以来の学校をまとめました。なにぶん原始的に手作業ですのでミスがあったら訂正しておきます。募集状況は定期的に更新しておりますが、新年度が始まるということで改めて。

 当塾はあまり新聞広告等を出さないので、知らない人は全く知らないと思います。が、先ほど書きましたように今年で23年目を迎え東川口でももはや老舗の部類に入ります。この間多くの塾が新しく生まれては残念ながら消滅した塾もあり、現在40以上の塾が戸塚中の校区内にあると思います。全国でも珍しいくらいの塾激戦区です。もう増えないだろうと5年くらい前から思っていますが、今でも毎年増えています。そんなところに20年以上前に塾を始めた私は先見の明があったのでしょうか(笑) 

 なぜこんなに塾があるのに20年以上も生き残っているのか。それはメニューの塾のご案内をご覧ください。一般的な塾ではなかなかできないことをやっているからだと思います。まただれも真似しようとも思わないでしょう。

 ということで2002年3月1日にスタートした当塾。23年目もよろしくお願いします。



合格おめでとう!

3月1日は公立高校の合格発表日でした。発表は9時から始まり、9時1分には最初の生徒から合格の連絡が届きました。以下続々と連絡が入り午後には全員の結果が判明しました。上記メニューの合格実績のところにも書いてありますが、こちらにも。

浦和東普通科(戸塚中)
春日部女子普通科(戸塚中)
川口普通科(戸塚中)
川口普通科(戸塚中)
川口市立スポーツ科学(戸塚中)
川口市立スポーツ科学(戸塚中)
川口市立普通科(戸塚中)
越谷総合情報処理科(戸塚中)
越谷西普通科(戸塚中)
越谷南普通科(戸塚中)
越谷南普通科(戸塚中)
和光国際普通科(戸塚中)
普通科(戸塚中)

 これで当塾22期生全員の進路が決定しました。もう100億万回くらい言われていると思いますが、公立に行く人も私立に行く人もこれがゴールではなくスタートラインです。公立に受かることが人生の目標という人はいないでしょう。学校はあと2週間ほど続きますが、中学の時の友達とはもう会わなくなることもあるので今のうちに楽しんで欲しいと思います。

 ただし遊んでばかりではなくすでに高校に向けて学習を開始する人もいます。うちの塾でも3月中旬から高校準備講座を実施する予定です。希望者のみですが希望者が4名くらいいたら実施します。詳細は後ほど。なお、この高校準備講座は原則として塾生限定です。

 ちなみに上に掲載した合格実績ですが、当ホームページの合格実績は、当塾で300時間時間以上通常授業を受講し高校入試直前まで在籍した生徒を対象としています。したがって講習のみ、体験のみ、テストのみの生徒や在籍期間の短い生徒は含まれておりません。なんとかという全国の塾の組織では30時間くらいで合格実績に入れていいことになっているようです。うちの塾ではさすがに30時間では合格実績にはカウントしません。300時間というのは半年くらいでしょうか。過去に300人近くの合格高校を掲載していますが、すべての生徒が半年以上在籍しています。つまり自動的に300時間は超えていると思います。

 今日も夕方に報告に来た生徒がいますが、この生徒は5年生から在籍しています。このように小学生から在籍している生徒が多いのが当塾の特徴です。