小テスト終了

 中学3年生は毎年夏期講習中に小テストを実施しています。小テスト自体は小学生や他の学年でも実施していますが、まとまった時期に量をこなすという意味では中3の小テストがいちばん中身の濃いものになっていると思います。

 内容は国語の漢字250問。英語は英単語を250問。理科は語句を中心に200問。社会も語句を中心に300問。合計1000問です。1回につき50問ずつで都合20回の小テストを行いました。つまり夏期講習中のほぼ毎日何かしらの小テストを実施していたことになります。うちの塾では原則として小テストの問題はすべて事前に出題のリストを渡します。したがって数学は行っていません(計算の小テストは別の時期に実施しています)

 今回も漢字、英単語、理科社会の語句などすべて私がパソコンで作って事前にリストを渡していました。ただ渡すだけではなかなか覚えないでしょうから時間をとって小テストを行っているわけです。だいたい1回につき5分~10分なのでそれほど時間はかかりません。

 社会は6回と多めなので今日最終回となりました。ひょっとしたら明日の北辰に出るのがあるかもしれませんね。うちの塾生の北辰の結果は毎年社会がずば抜けてよく、そのあと理科や数学が続いています。もともと1年のころから定期テストの成績はよいのですが、夏期講習で定期テストだけでなく模試や入試にも対応できる力を身に着けているのだと思います。

 そういえば、ある生徒が言っていましたが昨日の校長会テスト。思ったより難しくなかったとのこと。本当に問題が簡単だったからなのか、夏期講習で勉強した成果なのか分かりませんが後者であれば嬉しいセリフですね。

100問テスト

 9月に入り小学生も通常授業に戻ります。今日は金曜日で6年生の授業がありました。毎年6年生の2学期最初の授業では英単語テストを行うことにしています。夏休み明けには単語の意味を、冬休み明けには日本語から英単語に直す問題を、それぞれ100問というのが最近のパターンです。

 単語の意味とはいっても6年生はまだ塾では英語の授業を始めて日が浅くもちろん単語は100個も登場していません。前もってリストを渡しており読みのチェックなどはしています。いきなりプリントだけ渡して覚えて来いでは難しいでしょうから、そのあたりは時間をかけています。ただこの学年、東小と綾瀬小で普段の小テストにもかなりの差があります。今日のテストはまだ採点は終わっていませんが、空欄の多い生徒もいました。逆にしっかり覚えてきていて満点近い生徒もいるようです。

 塾に行くだけで勉強ができるようになると思ったら大間違いで、塾にいる時間は1週間のうちのほんのわずかです。家にいるときにどれくらい家庭学習ができるかで皆さんの学力の定着度合いは決まってきます。早い話が、勉強ができる生徒は塾で渡された宿題や課題にしっかりと取り組んでいる生徒です。ただ終わらせるだけではなく、しっかりと というのがポイントです。

 ということで、6年生の段階ですでに家庭学習の習慣がついている生徒とついていない生徒に差がありますが、せっかく塾に来ているのですから今まであまり家で勉強してこなかった皆さんには、なるべく早いうちに家庭学習の習慣をつけさせたいと思います。中学になってからでは、やや手遅れだと思ってください。

もう終わり?

 今日から9月。中学3年生の夏期講習も昨日で終了しました。100時間の勉強は多少なりとも今後の模試や入試に役に立つと思います。また受けっぱなしにはせずに、復習時に発見できた弱点は早めに克服するようにしてください。以前は夏期講習終了後は3~4日間の中休みをとって2学期の授業に移行していましたが、今年はそのまま今日から2学期です。つまり今週も中3は5日間塾に来ることになります。

 今日からは2学期の時間割。学校も始まるので基本的には夜の時間になります。夏期講習のように1日5時間というわけにはいきません。それでも通常時に1日3時間は一般的な塾の平均授業時間よりは長いと思います。北辰も近いし、今日は先には進まず夏期講習で終わり切っていない部分を学習しました。もともと夏休み中にすべてを終わらせる予定はなく毎年9月の1週目くらいをめどにしています。夏期講習も通常授業も、全教科私が一人で教えているのでこのあたりは柔軟に対応できます。

 今までずっと5時間の授業に慣れていたせいか3時間たった時点でもう終わりですか?ということばも聞かれました。今年の中3もだんだんと勉強に前向きになってくれているようで大変よろしいことです。

6年生英語

 今日は6年生の1学期最後の授業日となりました。当塾の小学生は夏休み・冬休みは授業をお休みしております。算数は比の問題まで終了しました。比は中学生でも使うので(数学だけでなく理科でも)しっかりと解き方を理解してほしいところです。英語は先には進まないで I am You are の文章を一通りおさらいしました。まだ英語は始まったばかりですから、あまり焦って進むと理解が中途半端になってしまいます。英語は算数(数学)同様積み重ねの教科ですから基本的なことをしっかりと覚えさせたいと考えています。とはいえ夏休みでまた半分くらい忘れるかもしれませんが、大丈夫です。そこまで想定済みで2学期は授業を進めていきます。とにかく小学生の英語は復習を何度も繰り返しながら少しずつ先に進めます。その結果がいまの中1です。今回期末テスト前塾では英語の授業を1秒も行いませんでしたが、それでも塾生の平均は90点でした。本来なら英語に充てるはずの時間を理科とか社会とか数学に回すことができたので、5教科としてもまずまずの結果を残すことができました。

 小テストも毎回行っています。画像は前回の満点です。満点を取る生徒に共通しているのは字が丁寧なことです。あとはしっかり練習をしているということです。おしくも満点にならなかった生徒には単純な単語のミスの他にも、ピリオドやクエスチョンマークの忘れなどもあります。中学になってからこういうケアレスミスをしなくてすむように小学生のうちに鍛えているのです。小テストの平均点も徐々に上昇しています。今日までに5回行いましたが平均点の推移は第1回から100点満点換算で、56点⇒54点⇒62点⇒83点⇒84点です。5回連続満点の生徒もいれば英語に苦手意識を持っている生徒もいますが、全体的にはちゃんと練習してくる生徒が増えてきているようです。ちなみにうちの塾ではテストが悪いからといって合格するまで帰さないとかそういうペナルティはありません。ある程度は自己責任です。勉強は自分のためにやるのですから。

 夏休みが明けると毎年恒例の100問テストを行います。昨年少し形式を変更して今年はそれを踏襲します。夏休み明けは英単語の意味を100問です。ちなみに冬休み明けには英単語を100問書いてもらいます。課題は渡しています。90点取れたら上出来ですが果たして何人達成できるでしょうか。

期末テスト返却状況その2

先日に続きまして、教科ごとの学校の平均と塾生の平均の差です。
見づらい場合は画面を横にお願いします。

まずは中学1年生
A…塾生平均  B…学年平均 です。

    A   B  A-B
国語  70.4  63.7 +6.7
数学  80.1  65.7 +14.4
英語  90.0  75.0 +15.0
社会  82.1  69.3 +12.8
理科  85.4  73.8 +11.6
5科  408.1 344.1 +64.0

 英語に関しては、前回より学年平均が下がったにもかかわらず塾生の平均は上昇するという逆転現象が起こりました。理科と社会は想定内ですが、想定外なのは数学です。小学生の時から書いているようにこの学年は英語にしても算数にしても従来の塾生と比べてお世辞にも十分な学力が備わっているとはいえませんでした。英語はまだ簡単だからこれくらいの結果はあり得ますが、数学はいい意味で想定外です。ただ疑い深い私はまだまだこの学年の数学ができるようになっているとは思っていないので(実際授業の様子から分かります)、今後もしっかりと教えていく予定です。そうしないと2学期が心配でしかたありません。いずれにしても期末の成績は塾生全体の平均としてはまずまずでした。あとは各個人でそれぞれ課題を見つけて取り組んで欲しいと思います。

続いて2年生

    A   B  A-B
国語  63.1  57.1 +6.0
数学  58.6  50.6 +8.0
英語  65.4  62.7 +2.7
社会  79.1  62.3 +16.8
理科  63.0  47.5 +15.5
5科  329.2 275.7 +53.5

 他の教科と比べると英語がよろしくありませんね。まあラウンドシステムになってからは定期テストの内容が実際の入試とほとんどつながらなくなったので、それほど心配はしていませんがそれでも定期テストの英語もしっかりと得点して欲しいと思います。理科や社会や数学は塾で事前に対応できますが、国語と現在の英語は塾でどうこうというよりも学校の授業をしっかり聞いて言われたものを覚えることの方が重要になりました。理社に関してはいつも通り取れているので問題ないでしょう。この調子で頑張って欲しいと思います。ただこの学年の理科はいろいろと言いたいことがありますが、来年、中3になったときに1分野とか2分野とかいうのはやめてほしいところです。

最後に3年生

    A   B  A-B
国語  74.8  66.6 +8.2
数学  53.8  43.6 +10.2
英語  61.5  53.9 +7.6
社会  89.5  75.8 +13.7
理科  73.0  62.3 +10.7
5科  352.6 295.7 +56.9

この学年は1年生の時から比較的安定して学校の平均よりも+60点前後を記録しており今回もほぼ同じ結果になりました。もう中3だからいろいろ言わなくてもいいでしょうが、一応話しておくと中1の頃から塾にいる生徒は早めに塾で勉強しているだけあって平均は高くなります。それが中3になると今まで塾に行っていなかった生徒も勉強を始めると、今までと同じつもりでもまわりの生徒に抜かれていくと言うことが起こりえます。これからは定期テストと同じくらい北辰などの模擬試験の結果も気にするようにしなければなりませんね。

期末テスト返却状況その1

 期末テストの結果を簡単に掲載しておきます。どこで切っても教科別の人数の差が大きいので80と90の間をとって85点以上ということにします。

国語
Sさん 92点 (戸塚中3年)
Kさん 88点 (戸塚中2年)
Oさん 88点 (戸塚中1年)
Kさん 86点 (戸塚中3年)
Fさん 86点 (戸塚中3年)
Wくん 85点 (戸塚中1年)

数学
Oさん 94点 (戸塚中1年)
Sさん 94点 (戸塚中1年)
Wさん 92点 (戸塚中1年)
Eさん 91点 (戸塚中1年)
Yくん 90点 (戸塚中1年)
Wくん 90点 (戸塚中1年)
Kさん 86点 (戸塚中2年)
Sさん 86点 (戸塚中1年)
Kさん 85点 (戸塚中1年)

英語
Sさん100点 (戸塚中1年)
Oさん 99点 (戸塚中1年)
Kさん 98点 (戸塚中2年)
Aさん 98点 (戸塚中1年)
Eさん 98点 (戸塚中1年)
Sさん 98点 (戸塚中1年)
Nさん 96点 (戸塚中1年)
Wさん 96点 (戸塚中1年)
Iさん 94点 (戸塚中1年)
Sさん 93点 (戸塚中1年)
Kさん 92点 (戸塚中3年)
Kさん 90点 (戸塚中1年)
Yさん 89点 (戸塚中1年)
Wくん 89点 (戸塚中1年)
Aさん 88点 (戸塚中1年)
Fさん 87点 (戸塚中3年)
Oさん 87点 (戸塚中2年)
Iくん 85点 (戸塚中1年)

社会
Sさん100点 (戸塚中3年)
Yさん 99点 (戸塚中3年)
Fさん 98点 (戸塚中3年)
Kさん 96点 (戸塚中3年)
Tさん 96点 (戸塚中3年)
Oさん 94点 (戸塚中2年)
Kさん 94点 (戸塚中2年)
Wさん 93点 (戸塚中1年)
Uくん 92点 (戸塚中3年)
Nくん 90点 (戸塚中3年)
Oさん 90点 (戸塚中2年)
Hくん 90点 (戸塚中2年)
Oさん 90点 (戸塚中1年)
Sさん 90点 (戸塚中1年)
Kさん 89点 (戸塚中3年)
Iくん 89点 (戸塚中1年)
Hさん 88点 (戸塚中3年)
Wくん 88点 (戸塚中1年)
Iくん 87点 (戸塚中1年)
Aさん 86点 (戸塚中1年)
Iさん 86点 (戸塚中1年)

理科
Eさん100点 (戸塚中1年)
Sさん 99点 (戸塚中1年)
Wさん 98点 (戸塚中1年)
Oさん 96点 (戸塚中1年)
Aさん 95点 (戸塚中1年)
Iくん 93点 (戸塚中1年)
Yくん 91点 (戸塚中1年)
Aさん 90点 (戸塚中1年)
Sさん 86点 (戸塚中3年)
Hさん 86点 (戸塚中3年)
Sさん 86点 (戸塚中1年)
Iさん 85点 (戸塚中1年)

 中間テストと比較すると塾生の平均点は下がり気味ですが、これは学校全体の平均も下がっているでしょうから想定内です。学校の平均では、5教科総合で中1と中3は約30点、中2は約50点ほど平均点が下がっていました。学校の平均と塾生の平均の比較で言うと1年生が70点近く上回っており3学年でもっとも優秀でした。現1年生は小学生の頃から見ている感覚では正直学校の平均といい勝負だと思っていたので、かなり想定外です。これは塾生が頑張っているからなのか、学校の生徒の学力がピンチなのかのいずれかです。前者だといいのですが、おそらく・・・

 今回は満点が3名いました。この3名に加えて中2のKさんの英語が学年で1番でした。英語は中1と中2で学年1位はうちの塾生ということになりました。教科別では理科と社会が3学年とも塾生平均が学校の平均を10点以上上回っておりいつも通りの結果となりました。理社を得点源にするという当塾の伝統は中1(23期生)にも継承されているようです。

三者面談スタート

 今日から中学3年生対象の三者面談がスタートしました。今年度二回目となります。当塾では中学1年生・2年生・3年生は春に、3年生はさらに夏と秋にも全塾生を対象に三者面談を実施しています。今年は修学旅行や部活の大会(学総)も無事実施されました。このあと県大会に進む生徒もいますし、文化部の生徒もいるのでまだまだ部活が終了したわけではありません。

 1か月ほど前に高校受験案内を中3生全員に塾からプレゼントしました。

高校選びの参考にしてほしいと思います。面談では夏期講習のこと、偏差値のこと、私立の個別相談のことなどなどを話していく予定です。もちろん集団ではなく個別に面談を行うわけですから、話す内容は生徒によってちがいます。

非通知は出ないよ

 うちの塾にももちろん電話はありこのHPにもどこかに電話番号が書いてあると思います。ただ塾生のご家庭からかかってくることはまずありません。年に1回あるかどうか。欠席の連絡、忘れ物その他の連絡すべてLINEでお願いしています。その方が授業中にかかってくることもないし、午前中だろうと前日だろうと大丈夫ですから。となると電話がかかってくるのは、新規のお問い合わせの方、営業電話のほぼ二択になります。

 以前はあまりにも営業電話が多かったので、電話帳から名前を削除してもらいました。おかげで営業電話は減りましたし、どこのだれだか知らない人に勝手にネットの塾案内のようなものにも登録されずにすんでいます。東川口、塾とかで検索してもうちの塾がほとんどでてこないのはそのためです。

 今電話会社にはナンバーディスプレイだけオプションとしてつけています。以前は転送もしていましたが、塾生宅からはLINEが主流になったこともあり非通知や営業電話を転送してもしょうがないのでこれはやめました。

048で始まる番号はほぼ新規の問い合わせです。
090とか080とか携帯番号の場合は新規の問い合わせ、営業電話、その他が考えられます。その他というのは宅配便からの確認とか教材会社さんからの電話とか。

非通知は基本的に出ません。なぜなら出てもすぐ切られるのが経験上分かっているからです。これは十中八九詐欺電話だときめつけています。おそらく詐欺グループのマニュアルに若い男(若いとは推定20代~50代くらい)なら切るように、とかあるのでしょう。塾にかけるには明らかに適当でない時間帯(日曜午前とか)に非通知が来るのもその証拠です。

 ということで、非通知に出ても私のストレスが溜まって血圧が上がるだけなので一切無視しています。営業電話でも番号通知なら構いません。それは先方も仕事でしょうから、丁重にお断りしておしまいです。

 そういえば塾の固定電話、かかってくることも少ないですが、かけることもめっきり減りました。先ほど書いたように塾生宅との連絡は100%LINEになりましたのでメールすら使わなくなり、一般的な塾のように体験に来た生徒に営業の電話をかけることもしませんし、よく考えたら塾からかけることは月に1回あるかどうかです。教材会社の中にはネットで注文するところもあれば、電話で注文するところもありそのときくらいですね。FAXにいたっては半年に1回あるかどうかというところです。

 

テストの見直しは出題者も

 期末テストが終わり今日は中2の授業でした。問題を見せてもらい少々説明を行いました。このブログでも何度か書いていますが私が定期テストで重視しているのは数学と理科と社会です。テスト前の時間もこの3教科に集中しています。理由はこの3教科の勉強は定期テストにとどまらず、後々の北辰テストや入試にもつながっているからです。国語や英語の本文が入試に出ることはありませんが、数学や理科や社会は同じ問題が出る可能性もあるからです。

 さてテストの際必ず見直しをするようにと塾生には話をしています。テスト時間が50分ならせめて40分で終わらせて、あとは見直しの時間にかけるようにと。まだ終わっていない難しい問題に10分かけるよりは、それを捨ててでも見直しをしたほうが結果的に得点が高くなることが多いものです。見直しにもいろいろあって、例えば今回の数学連立方程式などはもう一度解かなくてもできる見直し方法を教えました。ただし通常の計算はやはりもう一度解いた方がいいでしょう。

 見直しというとテストを受ける人が行うものだというのが一般的ですが、私はテストを作る側にもしっかりと見直しをしてほしいと思います。なぜなら毎回毎回テストの内容に不備があるからです。以前、定期テストは学校の先生が作るものだから不備があるのはある程度想定内と書きましたがもちろんないにこしたことはありません。今回も今日中2の問題(数学・理科・社会)をチラッと見ただけであっちにもこっちにもおかしい点がありました。テスト中に特に訂正はなかったそうですから作った先生も気づいていないのでしょう。

 なぜ問題に不備があるのかというと、おそらく問題を作成したら何のチェックもなく印刷しているからだと思います。学校には同じ教科の先生が他にもいるはずで、印刷前に別の先生に解いてもらえば多少なりともおかしい点は発見できるはずです。先生が忙しいのは百も承知ですが中学生の担当教科の問題なら20~30分もあれば解けるはずです。少なくとも部活よりは優先順位は上にしていいと思います。

 

6年生小テスト

 戸塚中の期末テストは昨日・今日で終了しました。とりあえずお疲れ様、というところですが時間割上中1は今日も授業があります。今日は軽く期末テストの解説をしてもう先に進んでいます。10月13日(木)実施予定の中間テストまであと約100日です。各学年ともしばらくは学校の授業に合わせる必要もないので塾のペースで進んでいきます。一番心配しているのは英語です。鳴り物入りで始まったラウンドシステムについてはいまだに懐疑的な私は塾生にはしっかりと英語の力をつけてほしいので、時間があるときに文法や語彙力・長文読解の演習に取り組みます。

 夕方は6年生の授業でした。去年の今ごろは4名しかいなかったこの学年も倍増しました。それでも5学年の中では一番人数が少ないのですが、人数が何人であろうと私のやることに変わりはありません。中学に行って困らないように学力をつけさせたいと思います。今日は第3回の小テストを行いました。6年生は英語の小テストを行っています。文章5問と単語10個というシンプルなものですが、このシンプルなテストにむけて家でしっかりと覚えてくるということを繰り返していくうちに徐々に英語の力がついていきます。

 満点は画像のとおり3人です。3人とも小学生にしては字が丁寧でよろしいです! もちろん6年生の内容ですからまだまだ簡単ですが、はたして満点とれる6年生が何人いるかと言ったらそんなにいないと思います。なぜなら今の学校の授業は小学校も中学校もほとんど書かないからです。分かっているつもりでも書けない、ということが往々にして起こります。うちの小学生の英語はとにかく書いてもらいます。授業中の板書はもちろん本文の練習用にプリントを作成し、宿題でも書いて、小テストの練習もまた書いて。手抜きをすればいくらでもできますが、中学でひどい点数をとることになるでしょう。不真面目でやる気のない生徒はうちの塾は苦痛なだけです。幸いなことにここ数年はうちの塾に来る生徒はまじめで勉強に対して前向きな生徒が多く、私も授業がやりやすくて助かっています。6年生の1学期の授業はあと2回なのでとりあえずキリのいいところ( I am You are の文章いろいろ)まで終わらせて、2学期はisの文章から一般動詞に進めたいと思います。小学生のうちはとにかく文法オンリーです。それは高校入試を考えているからです。