入試おつかれさま!

 今日は埼玉県の公立高校の入学試験が行われました。以前と比べてずいぶんと早い時期での実施です。ちなみに来年の入試は2月26日(水)となることが発表されています。早速問題を見てみましたが出題傾向はほぼ例年通りで、きちんと対策をしていた人にとっては解きやすかったかと思います。ただ傾向が同じでも1問1問のレベルは難しくなっているものもありそうです。塾を始めて22年が経過しますが、昔と比べたら問題文が圧倒的に長くなっています。一番量の少ない英語で9ページ、一番多い社会に至っては18ページもあります。問題文の長文化は全国的な流れのようです。

 ただ、なかには本当にこんなに長文にする必要があるのかといった問題も見受けられます。長文にすることだけが目的としか思えない問題もあります。やたら長い文を読ませていざ解いてみると、その長文必要ですか? といった問題も。 それも含めて問題に慣れることが必要になります。理科とか社会とか短文の一問一答ばっかりやっているとなかなか大変だと思われます。それは前もって分かっているのでうちの塾でも埼玉の入試に対応できるようなテキストを1ヶ月以上ずっと取り組んできました。おそらく多くの塾で同じように埼玉の長文に対応するような練習に取り組んできたことでしょう。そのあたりは自力で勉強する人より塾に通っている人のほうが環境はいいと言えるでしょう。

 特にうちの塾の場合は直前は塾生のすべての答案を私が直接添削しました。自分で採点すると採点が甘くなったり雑になったりするし、部分点の扱いにも悩むところでしょう。全員分を見るのはなかなか大変ですが塾生が頑張っているのですから私も頑張ります。まあ人数が10人そこそこだからできることでもあります。何十人もいたら無理です(笑)直接添削するといろいろと見えてくるものがあります。そのあたりはいずれ触れたいと思います。

 明日面接がある学校もありますが、ほとんどの人は今日で終了です。明日は学校は出席だけ取って帰宅しそのあとは3連休です。今まで受験勉強を頑張ってきた人は十分に休んでほしいと思います。とはいえ気が緩んでいいのは数日間だけだと思いましょう。高校に入学したらさらに先の進路が待っています。特に大学を考えている人は高3から受験勉強などと言っていたら遅すぎます。高2できれば高1から大学を意識した勉強を始めたいものです。

 そのためには今まで勉強して蓄えた知識が飛んでしまわないようにしてください。受験が終わって遊ぶのもいいですが、ほどほどに。

合格おめでとう!

今週から始まった私立高校入試ですが、今日までに全員の結果が判明しました。結果は全員合格です! おめでとうございます! 今年も公立志望の生徒が多いので私立の結果はあくまでも通過点。浮かれている生徒はいません。塾でも粛々と公立に向けての学習を進めています。詳細は後程掲載したいと思います。

中3の成績が良い

 パソコンの調子が悪かったので半年くらい前から変えよう変えようと思ってやっと新しいものに変えました。やはり今時メモリ4GBではいろいろと不都合が多いです。個人的にはパソコンは10年くらい持ってほしいのですがだいたい4~5年が限界のようです。

 さて、年も明け高校入試も近づいてきました。中3の目の色も半年前とは明らかに変わっています。そんな中3ですが2学期の期末テストと、学年総合の通知表(いわゆる内申点)を見てかなり頑張っていることが分かったので、ここで褒めたたえたいと思います。

 まずは期末テスト。学年全体のグラフを見ると450点以上が11人いました。その中になんとうちの塾生が3名も入っていました。これはすばらしい! しかもさらにすごいのは音楽と技術家庭を加えた7教科総合では、うちの塾生が学年3位、さらに同点3位がもう一人、さらに6位もいました。 つまり7教科総合での学年6位までの3名がうちの塾生だったということです!

 1学年7クラスで250人ほどいる学年です。地域には40もの塾がありなぜかいまだにその数は増えています。駅前にあって誰もが知るような大手の塾で生徒が何十人も何百人もいるような塾なら考えられないこともありませんが、教室は1つだけ、教えるのも1人だけ、対象中学も1つだけ、塾生は1学年で10名ちょいという、どこにあるのかも分からないような小さな塾でも結果は残せるのです。もちろん頑張っているのは生徒ですが、必ずしも有名塾に行く必要はないということをうちの塾生が証明してくれています。

 続きまして内申点。3年生は2学期までの評定をもとに学年の評定が出されそれが高校入試の判定材料となります。さて、ことあるごとにうちの塾生は理社で頑張っていると書いてきたとおりさすがに理科と社会は学年総合の評定でも4と5がほとんどです。ただ、理科社会を圧倒する形で一番結果が良かったのは、まさかの教科でした。

 中3塾生の内申(学年総合)の平均値のベスト5を書いてみたいと思います。数値は四捨五入して小数第1位までにしてあります。

1位 保体! 4.8
2位 社会  4.3
2位 美術  4.3
4位 数学  4.1
4位 理科  4.1

 ということで、まさかの保健体育がダントツの成績でした。これは学年全体で甘いのか、うちの塾生がとくに優秀なのかはわかりませんが、言われてみればうちの塾生は毎年保体の成績がいいような気がします。つまり先生に関係なく塾生が頑張っているということです。今年の中3もほとんどが運動部で、塾生は毎年1学年10数名しかいませんがそのうち3~4名が何かしらの部の部長をしています。今年も去年もその前もずっとです。塾では5教科しか見ていませんが、副教科もしっかり頑張っていることがわかりました。

 ちなみに5の割合も圧倒的に保健体育が多く、なんと塾生の8割が5でした。
45(オール5)が2名、おしくも44が1名というのもなかなかのものです。内申がいいということは入試(学力検査)を受ける前から有利になっているということです。

 先ほど副教科も頑張っていると書きました。えてして勉強中心に考える生徒は副教科を軽視しがちです。その点うちの塾生はしっかりと副教科のことも考えています。毎年内申で苦労することがない生徒が多いのも頷けます。副教科も頑張れる要因の一つはうちの授業形式にあると思います。 テスト前はもちろんテスト対策を行いますが、本当に直前の数日間は教科を決めずに行うことが多くなっています。これは5教科はもちろん音楽や保健体育の勉強をしてもいいということです。実際、社会は大丈夫だから音楽やる、とか理科は楽勝だから家庭科覚えるという生徒が多く見られます。普段から学校に合わせているため余裕のある生徒が多いということです。これも中学を1つに限定しているからできることです。

 冬期講習も終わり通常授業に戻りました。とはいえこの時期は先に進む内容はなく復習の連続です。私立が終わったころからは塾の時間も増やします。公立の出題形式に合わせた内容で入試にその備えていきます。

123.45.678

 先日、休み時間にとある学年の男子が戦っていました。テスト前はスマホ類の使用を禁止しているため休み時間暇を持て余して始めたようです。なかには休み時間にも勉強する生徒もいますが、休み時間は休み時間と割り切っている生徒もいます。うるさくしなければ休み時間は自由にくつろいで結構です。うちの塾は全員戸塚中ということで顔見知りが多く、休み時間のおしゃべりがいい気分転換になっているようです。

 で、何の戦いをしていたかというとタイトルにあるような数字の言い合いです。一人で言える数字(整数)は連続して最大3個までで、30を言った方が負けというものすごくよくあるルールです。暇つぶしにはもってこいです。数学的に言うと実はこのゲームには必勝法があるのですが、それに気づくかどうか(笑)

 何回かやっているうちに、ある数字を言えば絶対勝てることに気づいたようです。徐々にそのある数字が小さくなっていきますが、必勝法とまでは行きつかなかったようです。

 ネタバレをしますが、このルールの場合先に数字を言う人(先攻)が必ず勝てるのです。最初に言う数字は1です。あとは後攻が全力で頑張っても先攻は確実に勝てます。もちろん先攻でも必勝法を知っていないと勝てませんが、さて、必勝法が分かりますか?

 これを拡張して考えることも可能で、一度に言える数字をA個。Nを言ったら負けとして考えることもできます。これぞ数学です。AとNの組み合わせによって、先攻が絶対勝てる場合と後攻が絶対勝てる場合があります。これが中学生でわかったら相当すごいです。

期末テストは平均が下がりそう

 期末テストが終わり、早速答案が返却されているようです。塾でも授業のある日に塾生に得点を記入してもらっています。授業日の関係で中1と中2はまだ7~8割ほどの判明率ですが、中3は今日の授業でほぼそろいました。

 現時点での得点を見てみると、全学年とも前回より下がり気味です。塾生だけが下がっているのなら心配になりますが、おそらく学校の平均も前回より大きく下がっていることでしょう。特に謎の5ラウンドシステムの英語は、今回の範囲が文法中心ということで見たこともない点数を取っている生徒が多いようです。特に中1の得点がひどくて、塾生の平均前回は80点を超えていましたが今回は50点台です。中2も中3も中1ほどではありませんが下がり気味です。

 各学年とも5教科合計の平均点で、前回より30点ないし40点ほど下がるのではないかとみています。

 今日は中3の授業があったので中3について触れてみますと、5教科の得点は全員前回より下がりました。まあ前回は全員上がっていたので前回上がった分が元に戻っただけです。おそらく学年平均は300点に行くか行かないかくらいだと思いますが、450点以上が3名いました。これはすばらしいです。あとはあいからわず理科と社会が抜けています。特に社会は塾生平均が80点台後半で満点も2名いました。

 中3に関しては定期テストにこだわるのはもうこれが最後です。最後の学年末は塾では1秒も触れません。入試前ですのでひたすら入試の勉強となります。当塾の中3は定期テストも頑張っているので内申も高めの生徒が多いようです。これは毎年みられる傾向で特に小学生や中1など早い段階から入塾している生徒の内申は平均して高くなっています。

期末テスト前

 昨日、今日の土日はテスト勉強の集中日です。当塾では定期テスト前の休日(土、日、祝)は全学年を対象にしてテスト対策を行っています。1教室しかないので全員同時に揃うのは物理的に不可能、時間差で入れ代わり立ち代わりとなっています。昨日も今日も10時間ずつ塾生の勉強につきあいました。

 前に中間で頑張った生徒を掲載しました。一人で運営している個人塾としてはかなりの数だと思います。誰もほめてくれないので自画自賛します。戸塚中限定だから、テスト対策もさぞかし特別なことをやっているのでは、と思われるかも知れませんが特別なことなど何もありません。

 学校の定期テストを保管して過去問として使う塾もあります。中にはストーカーのごとく異動先の学校まで調べて使用する塾もあります。それの是非はさておき、うちの塾では定期テストの過去問のたぐいは一切使いません。今年も去年もその前もその前もずっと、1秒たりとも使ったことはないのです。理由は、仮に過去問を使って得点できたとしてもそれは生徒の力というよりも手抜きの問題のおかげです。そうして、次のテストでも過去問をほしがり、過去問だけやっていればいいと思うようになります。もちろん定期テストが過去問から出され続けるわけはなく、北辰や入試に1ミリもつながらない楽な勉強の仕方を教えたくないのです。

 このようにうちの塾では過去問を使わないので塾生もそういう話はしてきません。うちの塾生が定期テストで頑張っているのは、正真正銘塾生の力です。もちろん戸塚中に限定しているとか勉強しやすいような教材を私が用意しているというのはありますが、いくら環境がよくても肝心の生徒本人にやる気がなければ点数はとれません。私が説明をして、それを塾生が聞いてひたすら問題を解く。分からないところは質問をする。といういたってシンプルな勉強です。何とかシステムとか名前がつくようなものでもありません。しかし、そのシンプルな勉強こそが大切だと思います。楽して順位が上がる方法などありません。学問に王道なし、There is no royal road to learning. です。

 ただし過去問をすべて否定するのではなく、漢検などの検定の類や入試については傾向を知るためにも過去問の学習は必要だと思います。あくまで楽して点を取るための定期テストの過去問学習に否定的なだけです。そもそも今どき過去問をそのまま出す先生などほとんどいないでしょう。あまり意味のない学習法だと思います。

 テスト直前はどちらかというと授業よりも自習の時間が多くなります。普段の授業ですでに説明済みだからです。あとは難しそうな内容や、もう一度触れておいた方がいい内容は何度でも説明します。今回で言うと、英語は文法の内容が猛烈に多いので全学年説明しています。あとは3年の理科や数学は難しい内容なのでこれも何度も説明します。2年の理科も同様です。

 テスト前は塾に来る日数が増えますが、特別な料金などはいただいておりません。中3などほぼ毎日来ており16日~23日の1週間、塾だけで約20時間です。ただ、今は全国的にそうであるように近隣でも体調を崩す生徒が多いようです。あまり無理をしない範囲で頑張ってほしいと思います。

中間テスト⑤

 前回社会と理科の成績がすばらしすぎると書きましたが、よく見てみるとあることに気づきました。社会と理科がすばらしいことに変わりはないのですが、今回の中間テストでは今までになかった傾向が現れました。それは数学です。

塾生の平均点と学校の平均点を比べた数値を良い順に書いてみます。
+は塾生の平均点が学校の平均点より何点高いのかを示しています。

中1
 社会  +14.3点
 数学  +13.4点
 理科  + 8.7点
 英語  + 8.3点
 国語  - 0.3点😭
5教科  +44.4点

中2
 数学  +17.7点
 社会  +17.4点
 理科  +15.7点
 国語  + 7.0点
 英語  + 4.2点
5教科  +65.8点

中3
 数学  +16.6点
 理科  +15.7点
 社会  +14.3点
 英語  +10.2点
 国語  + 8.6点
5教科  +65.4点

 理科と社会がいいのはいつものことですが、3学年とも数学の学校との差が5教科でもトップクラスなのが判明しました。これは理科と社会がいいことよりもすごいことです。前にも書いたかも知れませんが、うちの塾生の理科と社会がいいのはある意味当然なのです。なぜなら中1とか中2で理科社会を学習する塾は少ないからです。よって1年から塾生全員が理科社会を学習している当塾ではよくて当然なのです。

 それに対して数学はほぼすべての塾で中1から学習しており、数学のない塾などないでしょう。つまり数学は英語と同じでどの塾でも勉強しているから自然と平均点も高くなるのです。それなのに塾の平均が学校の平均点より15点以上も高くなるなど普通はありえないことです。大手の塾の頭のいいクラス限定なら考えられますが、塾全体としては非常にまれなことです。これが今回だけという可能性もありますが、できれば続いてほしいものです。

 ちなみに当塾で教えている人(私のこと)は中高生のころは数学だけは自信がありました。あまり言うとモノが飛んできそうなので控えめに書きますが、中学の頃はノー勉でもほとんど満点でした。高校でも全国模試で全国1位になったこともしばしば(これは理科も)。どこかに書いているようにセンター試験は数Ⅰも数Ⅱも満点。

 それでも学生時代の成績と塾で教えることは別物であることは十分承知しているつもりです。ですから今ここにこっそり書いているようなことは塾ではほとんど話しません。本当は数学が好きで好きで、許されるなら1週間全部数学をやりたいくらいですが、それでは塾が成立しないので5教科を均等に教えているわけです。

 ということで、たとえ今回のたった1回だけのことだとしても塾生たちが数学を頑張ってくれたのは嬉しく感じました。

中間テスト④

 今回の中間テストはシステムの不具合で結果が出るのに随分時間がかかったようです。平均点や順位は後回しになりましたが、得点を見ると塾生はかなり頑張ったと言えるでしょう。80点以上の答案も100枚を超えました。塾生平均が80点を超えた教科も多数です。1学期と比べて平均点が下がる2学期の数字としては立派なものです。

 

各教科の成績優秀者を掲載します。80点以上は100件以上になるので85点以上にします。

国語
Oさん 戸塚中3年 96点
Mくん 戸塚中1年 96点

Kさん 戸塚中3年 91点
Nさん 戸塚中3年 91点
Wさん 戸塚中2年 89点
Oさん 戸塚中2年 88点
Oさん 戸塚中3年 87点
Tさん 戸塚中1年 85点

数学
Kさん 戸塚中3年 98点
Tくん 戸塚中3年 97点
Wくん 戸塚中2年 94点
Oさん 戸塚中3年 93点
Kくん 戸塚中2年 93点
Wさん 戸塚中2年 93点
Oさん 戸塚中3年 92点
Oさん 戸塚中2年 92点

Yくん 戸塚中2年 89点
Yくん 戸塚中3年 87点
Iさん 戸塚中2年 87点
Kくん 戸塚中3年 85点
Nさん 戸塚中3年 85点
Iくん 戸塚中2年 85点

英語
Kさん 戸塚中3年 99点
Sくん 戸塚中3年 96点
Kさん 戸塚中1年 96点
Oさん 戸塚中3年 95点
Nさん 戸塚中3年 94点
Oさん 戸塚中2年 94点
Tさん 戸塚中1年 94点
Tくん 戸塚中1年 94点
Mくん 戸塚中1年 94点

Oさん 戸塚中3年 90点
Tさん 戸塚中1年 90点
Nさん 戸塚中3年 89点
Uさん 戸塚中1年 89点
Sさん 戸塚中1年 86点
Oくん 戸塚中3年 85点
Tくん 戸塚中3年 85点
Nくん 戸塚中1年 85点

社会
Sくん 戸塚中3年 98点
Wさん 戸塚中2年 98点
Oさん 戸塚中3年 96点
Oさん 戸塚中3年 96点
Kさん 戸塚中3年 96点
Tくん 戸塚中3年 96点
Oさん 戸塚中2年 96点
Mくん 戸塚中1年 91点
Tさん 戸塚中3年 90点
Iくん 戸塚中2年 90点
Yくん 戸塚中2年 90点
Kさん 戸塚中2年 89点
Sくん 戸塚中1年 89点
Nさん 戸塚中3年 88点
Wくん 戸塚中2年 88点
Tくん 戸塚中2年 88点
Kくん 戸塚中3年 86点

Tさん 戸塚中1年 86点
Iさん 戸塚中2年 85点
Tさん 戸塚中1年 85点

理科
Oさん 戸塚中3年 97点
Kさん 戸塚中3年 97点
Eさん 戸塚中2年 97点
Iくん 戸塚中3年 96点
Iくん 戸塚中2年 96点
Sくん 戸塚中3年 95点
Tくん 戸塚中3年 95点
Oさん 戸塚中3年 94点
Oさん 戸塚中2年 92点
Mくん 戸塚中1年 92点
Nさん 戸塚中3年 90点
Kくん 戸塚中3年 89点
Wさん 戸塚中2年 88点
Kくん 戸塚中3年 87点
Nさん 戸塚中3年 87点
Yくん 戸塚中3年 87点
Yくん 戸塚中2年 87点
Tくん 戸塚中1年 87点
Iさん 戸塚中2年 86点

Wくん 戸塚中2年 86点
Aさん 戸塚中2年 85点

 結構疲れました(笑) でも私が疲れるくらい塾生の皆さんが頑張ってくれたということです。いつものように社会と理科の成績がずば抜けて目立ちます。学校の平均点はと言うと、社会も理科も中2と中3は60点台、中1に至っては50点台です。それに対して塾生の平均点は中2と中3は理科も社会も80点を超えています。つまり学校では80点だと軽く平均を超えていますが、塾内では80点だと平均以下ということになってしまいます。この理科と社会で頑張るというのは当塾の伝統となりました。

 何度も言いますが、当塾の生徒は全員が戸塚中の生徒です。塾生は1学年10数名を定員としています。5教科とも塾長である私が教えているので、本当は5教科まんべんなくできてほしいのですが、中には勉強が苦手で入塾した生徒もいるでしょうから、一つでも得意教科が増えてもらえればそれで十分です。最後に5教科総合も同様に得点率85%(425点以上)で。

5教科
Kさん 戸塚中3年 481点
Oさん 戸塚中3年 469点
Oさん 戸塚中3年 467点
Oさん 戸塚中2年 462点
Mくん 戸塚中1年 453点

Wさん 戸塚中2年 452点
Nさん 戸塚中3年 448点
Sくん 戸塚中3年 445点
Tくん 戸塚中3年 444点
Tくん 戸塚中1年 427点

 このあとも420点台が3名続きます。TOP3名はいずれも3年生で、もちろん学年順位も上位です。この表でいうと上から6番目までの生徒が1学年7クラス(200数十名)の学年で20番以内に入っています。戸塚中の学区内には40以上の塾があるはずです(私調べ)。そう考えると、うちの塾の生徒は結構、いやかなり頑張っていると言えます。また得点だけでなく、順位でも前回より上がった生徒や自己ベストの順位を記録した生徒も多くいました。もちろん個別で考えたら上がったり下がったりはありますが、塾全体としては頑張った生徒が多かったようです。次の期末テストでも期待しています。

中間テスト③

 今日は月曜日で中3の授業がありました。そろそろ個表が戻ってくる頃ですが、塾生情報によると成績処理にトラブルがあって、平均点は出てるけどヒストグラムとか順位はまだ時間がかかるとのことです。まあ気長に待ちましょう。

 前に塾生(中3)は理科と社会と英語がすばらしいと書きましたが、学年平均は5教科とも60点~70点に収まっているようです。塾生の平均点が学年の平均と比べて一番よかったのは、理科でも社会でも英語でもなく驚きの数学でした。通常はどこの塾でも英語と数学は学習するので、塾の授業で底上げされて英語と数学は学校の平均点も高くなりがちです。別の言い方をすると、英語と数学は塾の平均も学校の平均とそこまで差が出ないのが普通です。今回は結構細かく二次方程式と関数の説明をしたのがよかったのでしょうか。

 塾生の平均と学年平均を比較してみます。今回は中3です。

A…塾生平均  B…学年平均 です。

    A   B  A-B
国語  76.4  67.8 +8.6
数学  78.5  61.9 +16.6
英語  81.1  70.9 +10.2
社会  81.8  67.5 +14.3
理科  84.8  69.1 +15.7
5科  402.6  337.2 +65.4

 毎度の注釈ですが塾生は全員戸塚中生です。そのため塾生全員がテスト勉強を効率よくできるのです。複数の中学の生徒が在籍するとなかなかこうはいきません。うちの塾がずっと戸塚中限定にしているのはこういう理由もあります。塾生はどの学年も10数名です。無理すれば20名以上座れますが、私が一人で目が届く範囲ということで一定数で満席にしています。10数名ですが、今回の中3は理科と社会で95点以上がそれぞれ5名いました。塾生の理科と社会に通知表5が多いのはある意味必然です。

 まだ教科別および5教科総合の学年順位は出ていませんが、今回の塾生(中3)の5教科得点は、481点 469点 467点 と続きました。いずれも小学生の頃から塾で頑張っている生徒です。少し離れて448点 445点 444点 と440点台が続きます。先ほども書いたように塾生は10数名ですが、好成績を残している生徒の割合は他の塾にも負けていないと思います。

中間テスト②

 まだ全員返却されたわけではありませんが、今回は全体的になかなかの高得点の塾生が多そうです。まあその分学校の平均点も上がっているのだとは思いますが、下がるよりは上がった方がいいでしょう。順位とか学校の平均点はまもなく分かるでしょう。

 塾生の返却率は95%くらいで(数字は推定)、現時点で中1の英語、中2の理科と社会、それに中3の理科と社会と英語が塾生の平均が80点を超えています。中1の1学期ならまだしも2学期で平均が80点を超えるというのはなかなかないことで、塾生の皆さんもまずまず頑張っているようです。

 80点以上の答案はすでに100枚以上で、これは1学期の期末を上回っています。特に中3の得点は極めて優秀で、塾生全員が前回(1学期の期末)より5教科総合の得点で上昇しており、塾生の半数が400点以上で塾生の平均も400点を超えています。この調子で期末も頑張ってほしいものです。